九州の青汁はウマい!

九州の青汁の品質が素晴らしいのは、独特な栽培環境や生産体制が充実しているためです。他の生産地と比較しても、土壌や伏流水の質が素晴らしく、原料の野菜を育てるためには最高の環境になっています。地域別で見れば違いも出てきますが、阿蘇や桜島などの火山の恵みを受けていることで共通点が多いのも特徴です。

九州の阿蘇については、青汁に使われる原料の一大生産地になっています。巨大なカルデラを有する阿蘇山は、有史以前には大規模な噴火を繰り返してきましたが、肥沃で平坦な火山麓扇状地を生み出しました。阿蘇の豊かな土地では、青汁の栄養を象徴する大麦若葉などが生産されています。国内では最高レベルの管理体制で栽培されることから、安全性も同様に素晴らしくなっているのも魅力です。

九州のシラス台地も同様に素晴らしい土壌で、水はけの良さが特徴になっています。シラス台地の恵みで生まれた青汁は、美味しさと栄養が凝縮したものですので、多くの需要があります。全体的には温暖な気候になりますが、山間部では寒暖差もあるために、甘味が豊富な原料を生産できる強みもあります。

九州では多彩な原料が生産されていますから、複数をブレンドして飲みやすさを追求した青汁も豊富です。苦味が非常に強いゴーヤに対しては、明日葉やケールを加えて味を調整する知恵もあります。さらに、香り高い風味が特徴の桑の葉を加えることで、飲みやすさを実現している青汁も青汁ランキングで出回っています。